読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やばファニ

やばファニはヤバイくらいファニーなブログです。面白記事を更新していきます。現在2人で運営中

社会を変えたい人

社会を変えたい人、ツイッターに無限にいますよね。

 

 

 

僕は社会を変えたい人に違和感を持ってます。そういうことをツイッターで抜かし、不特定多数をフォローすることでフォローバックをもらい、あたかも自分に発言力があるように見せている人。そんな人に気持ち悪い。本当に目障りだ。詐欺クサイ。といったイメージがあります。これまじで間違ってないです。その思想を教えた人もそのまた教えた人も、みーんなそのイメージ通りです。確かに気持ち悪いし、目障り、詐欺クサイ。そのことを伝えたら「貴重なご意見ありがとう」とのことです。一種の宗教ですよね。「タダより高いものはない」という誰でも聞いたことがあるワードは真実。うまい話なんてこの世に存在しません。存在してもあなたに教える人は、0です。(人によっては1.2とあるんですが、0だと思ってた方が得なのです)

僕は諦めてこういう人種がいるんだと納得させました。現に何度もこういったタイプの人からフォローリクエストが来て跳ねてる、そんな人たくさんいると思います。

こういうタイプくそ嫌いって部分はズレないです。ツイッターの自己紹介に投資家だの50名様限定で講習にご招待なんてのは全部跳ねます。聞く耳を持たない。くだらないので。

だけども、「社会を変える。」ということに希望が持てなくなるのは違うんじゃないかなとおもってます。

社会を変えたい!そんな気持ち悪い・詐欺クサイ・本当に目障りな人から人から月一でフォロリクを貰い続けて、僕は「こんな人いなければ気持ち悪い・詐欺クサイ(あぁ騙される人もいるんだろうなぁという胸糞悪さ)・目障りさを感じなくて済むのに。」と思いました。

 

 

これって、「社会を変えたい。」って気持ちじゃないですか?「『社会を変えたい!』と抜かす人を変えたい」という気持ちだって気がついたんですよね。

 

だから僕は心の底で、あるいはブログで声高に叫びたいと思います。

 

 

社会を変えたい。まちがいないです。キモい人を減らしたいというのも社会を変えたいというものだなって思いました。僕は間違いなく社会を変えたい。

 

 

ただ社会を変えたい。というのはさっき言った通り「お前キモいんじゃ!」とイコールです。社会を変えたい!なんて不特定多数に働きかけることは、攻撃的なんです。だから皆さん不快に思うんでは?

 

なにがいいてぇのかまたわからなくなってしまったんですが、

 

 

 

社会を変えたい!という言葉を僕の中で聞くだけで拒否反応を示すようにしてしてしまった人々を変えたい。僕も社会を変えたいなぁと思っただけです。